秋の管理
AUTUMN
 犬にとって過酷な夏が過ぎ去り、涼しい秋はまさに天国。暑さにより低迷していた体力を回復させる大切な季節。これからやってくる寒い冬に備えて体力を温存する時期でもありますから、しっかりと健康管理をして、冬に向けて十分に体力的な備えを付けて上げましょう。
食事
 涼しくなると、夏場落ちていた食欲も次第に回復し、よく食べてくれるようになります。しかし、注意しなければならないのは、食べ過ぎによる肥満です。食べ過ぎて消化不良や胃腸障害を起こす心配もあります。犬という動物の習性を理解し、食べ過ぎには飼い主が注意して上げなければなりません。逆に運動量の多い愛犬がカロリー不足にならないように、高カロリーのフードを混ぜたり、肉類や卵の黄身などのナチュラルな食材を混ぜて上げるのも良いでしょう。
 またこの時期、三寒四温と言われるとおり、寒いくらいの日もあれば、まだまだ暖かい日もあります。食べ残しなど食中毒の心配も残りますから、衛生面での注意も必要です。
運動
 犬も人と同じく、秋は食欲、そしてスポーツの秋でもあります。おそらく1年でいちばん活発に動く季節ではないかと思います。真夏の暑さで思うように散歩に行けず、運動不足気味であった犬たちも、この時期は思いっきり運動をし、遊ばせて上げられる季節です。単純な散歩だけでなく、ボール遊びや友人の犬と遊ばせるなど、愛犬のストレス解消も考えてあげましょう。もちろん疲労はさせないように飼い主が気を付けて上げる必要はあります。冬の日光浴不足を考えて、お天気の良い秋晴れの日にはぶらぶらとたっぷり時間をかけてお散歩するのも良いでしょう。
お手入れ
 秋から冬にかけての換毛の時期です。春ほどではありませんが抜け毛が多くなります。これはこれからは生えようとしている冬のためのアンダーコート(寒さから身を守るための被毛)の準備です。発毛を促すためにも毎日のこまめなブラッシングが必要です。シャンプーは抜け毛がある程度抜けてから行うべきで、シャンプーの後は完全に乾かして上げなければ、風邪を引かせてしまうことになりますから注意が必要です。愛犬の手入れは体のチェックだけでなく、スキンシップをはかる良い機会であり、お互いに楽しめるように心掛けて行えば、飼い主と愛犬の絆をより深めることが出来るでしょう。
 健康状態が悪い場合、アンダーコートがうまく生えないことがあります。こういった犬の場合、寒さのため状態をさらに悪化させてしまいます。しっかりとした食事を与え、暖房も考えなければなりません。言葉のない愛犬のためにしっかりとチェックして上げましょう。
その他のケア
 晩秋の急な冷え込みには、特に注意が必要です。人間のように今日は寒いからと切るもので調節できますが、犬の被毛は急な気温の差には対応できません。過ごしやすい季節である反面、季節の変わり目の体調を崩しやすい時期でもあるのです。天気予報などで明日の最低気温をチェックし、冷え込む日には寝場所に毛布を敷いて上げたり、犬舎の窓を閉めるなどの気配りも必要です。シャンプーの後、河原で水遊びをした後など身体が濡れているままにしておかないで、完全に乾かして上げなければなりません。見た目が乾いていても、被毛の中がまだ濡れているなどと言うこともありますから、十分に注意し、風邪など引かせないようにしましょう。風邪は人間同様、万病のもとです。
 また、フィラリアの予防は、もういいだろうという気のゆるみから感染してしまうことがあります。蚊がいなくなってから1ヶ月後まで薬を投与しなければなりません。暖かな日に、思い掛けず蚊に刺されることがありますから。

ペットフードについて
自然食ペットフードとは
ナチュラルチョイスについて
フードの与え方 /保存方法
通販商品について
通販商品
ご注文

通販規約
ペットホテル
サービス
ご宿泊の価格
 / 施設案内
ご予約
子犬情報
コーギー出産情報
柴犬出産情報

などなど
愛犬の管理
日常の管理
年齢別の管理

季節別の管理
トレーニング
しつけ・訓練について
基本的なしつけ方法
家庭犬の服従訓練
その他のページ
アニマルセラピーについて
犬声人語
/ 愛犬のための知恵袋
パパの部屋 /コーギーしっぽの話し
愛犬の健康維持
日常の管理
日常の管理
年齢別の管理
子犬の管理
成犬の管理
老犬の管理
季節の管理
春の管理
夏の管理
秋の管理
冬の管理
トップページへ
Copyright (c) 2005 TINKER BELL. All rights reserved