ウィルスによる感染症
VIRUS
ワクチンのより予防出来るおもな感染症
ウィルスによる病気はワクチンの接種により予防することが出来ます。獣医師の指示により、正しいワクチネーションを行いましょう。 以下にあげる感染症は身近にも潜む、死亡率も高い恐ろしい病気です。愛犬を守るのはオーナー様の愛情と知識です。
1.
2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.
犬ジステンバー
伝染性肝炎 (犬アデノウィルス1型感染症)
犬アデノウィルス2型感染症
犬パラインフルエンザ
犬パルボウィルス感染症 (腸炎型、心筋炎型)
犬コロナウィルス感染症
犬レプトスピラ病 黄疸出血型 (コペンハーゲニー型)
犬レプトスピラ病 カニコーラ型
犬レプトスピラ病 ヘブドマディス型
狂犬病
感染症の主な症状
1. 犬ジステンバー
死亡率が高い。全身がおかされ、治っても様々な後遺症に悩まされる。
伝染病名 犬ジステンバー
感染する動物 イヌ科・イタチ科の全動物
病原体 犬ジステンバーウィルス
感染経路 ウィルス保有犬の排泄物に汚染されたものによる経鼻感染・経口感染
主な症状 全身症状 : 食欲減退、元気減退、発熱
呼吸器症状 : 粘状の鼻汁、咳
消化器症状 : 下痢
ワクチンの種類 生ワクチン
2. 犬伝染性肝炎 (犬アデノウィルス1型感染症)
子犬の場合は突然死することがある。
伝染病名 犬伝染性肝炎
感染する動物 イヌ・キツネ・ミンク・コヨーテ・オオカミ・アライグマ
病原体 犬アデノウィルス(1型)
感染経路 ウィルス保有犬の排泄物に汚染されたものによる経鼻感染・経口感染
主な症状 肝炎
全身症状 : 食欲減退、元気減退、発熱
消化器症状 : 嘔吐、下痢
その他 : 角膜の白濁
ワクチンの種類 生ワクチン
3. 犬アデノウィルス2型感染症
伝染病名 犬アデノウィルス2型感染症
感染する動物 イヌ・キツネ・ミンク・コヨーテ・オオカミ・アライグマ
病原体 犬アデノウィルス(2型)
感染経路 ウィルス保有犬の排泄物に汚染されたものによる経鼻感染・経口感染
主な症状 全身症状 : 元気減退、発熱
呼吸器症状 : 乾いた咳、鼻汁、肺炎、扁桃炎
ワクチンの種類 生ワクチン
4. 犬パラインフルエンザ
呼吸器病。アデノウィルスや細菌との混合感染により 「 ケンネルコフ 」 と呼ばれる症状の重いカゼ症状群を引き起こし 、伝染性が高い。
伝染病名 犬パラインフルエンザ
感染する動物 イヌ
病原体 犬パラインフルエンザウィルス
感染経路 ウィルス保有犬の呼吸器飛沫(咳など)による経鼻感染・経口感染
主な症状 全身症状 : 食欲減退、元気減退、発熱
呼吸器症状 : 咳、鼻汁、扁桃炎
ワクチンの種類 生ワクチン
5. 犬パルボウィルス感染症 (腸炎型、心筋炎型)
腸炎型 : 死亡率が高い。
心筋炎型 : 生後3週間位で感染すると心臓を直撃されあっという間に死ぬ。
伝染病名 犬パルボウィルス感染症
感染する動物 イヌ
病原体 犬パルボウィルス
感染経路 ウィルス保有犬の排泄物に汚染されたものによる経鼻感染・経口感染
主な症状 <腸炎型>
全身症状 : 食欲減退、元気減退、脱水症状、発熱
消化器症状 : 激しい嘔吐、出血性下痢
腸管の様子 : 小腸のジュウ毛(ヒダ)の基底の細胞に感染
その他 : 白血球の減少
ワクチンの種類 生/不活化ワクチン
6. 犬コロナウィルス感染症
腸炎を引き起こす。犬パルボウィルスや細菌との混合感染により、症状はいっそう重くなる。犬コロナウィルス感染症は犬パルボウィルス感染症と一緒に予防することが重要。
伝染病名 犬コロナウィルス感染症
感染する動物 イヌ
病原体 犬コロナウィルス
感染経路 ウィルス保有犬の排泄物に汚染されたものによる経鼻感染・経口感染
主な症状 全身症状 : 食欲減退、元気減退、脱水症状、発熱
消化器症状 : 嘔吐、下痢
腸管の様子 : 小腸のジュウ毛(ヒダ)の先端の細胞に感染
ワクチンの種類 不活化ワクチン
7. 犬レプトスピラ病 黄疸出血型 (コペンハーゲニー型)
人の 「 ワイル氏病 」 のこと。細菌によって腎臓や肝臓がおかされる。
伝染病名 犬レプトスピラ病 黄疸出血型
感染する動物 イヌ・ヒト
病原体 レプトスピラ菌
(L.イクテロヘモラジー)
感染経路 ネズミなどの保菌動物の排泄物(尿など)に汚染されたものによる経鼻感染・経口感染
主な症状 全身症状 : 黄疸、元気減退、発熱
消化器症状 : 嘔吐、下痢
その他 : 口内炎、歯ぐきの出血
ワクチンの種類 不活化ワクチン
8. 犬レプトスピラ病 カニコーラ型
人と動物の共通の伝染病。細菌によって腎臓や肝臓がおかされる。アウトドアで活動する犬ほど感染しやすい。
伝染病名 犬レプトスピラ病 カニコーラ型
感染する動物 イヌ・ヒト
病原体 レプトスピラ菌
(L.カニコーラ)
感染経路 ネズミなどの保菌動物の排泄物(尿など)に汚染されたものによる経鼻感染・経口感染
主な症状 全身症状 : 尿毒症、発熱、元気減退
消化器症状 : 激しい嘔吐、出血性下痢、尿量減少
その他 : 口内炎、歯ぐきの出血
ワクチンの種類 不活化ワクチン
9. 犬レプトスピラ病 ヘブドマディス型
人と動物の共通の伝染病。細菌によって腎臓や肝臓がおかされる。
伝染病名 犬レプトスピラ病 ヘブドマディス型
感染する動物 イヌ・ヒト
病原体 レプトスピラ菌
(秋疫Bの原因菌)
感染経路 ネズミなどの保菌動物の排泄物(尿など)に汚染されたものによる経鼻感染・経口感染
主な症状 全身症状 : 尿毒症、発熱、元気減退
消化器症状 : 激しい嘔吐、出血性下痢、尿量減少
その他 : 口内炎、歯ぐきの出血
ワクチンの種類 不活化ワクチン
10. 狂犬病
狂犬病予防法により年1回の予防注射が法的義務となっている、人と動物共通の伝染病。
伝染病名 狂犬病
感染する動物 ヒト・イヌ・ネコ・サル・ウマ・ウシ・ヤギ・ヒツジ・キツネ・オオカミ・ウサギ・吸血コウモリ など全ての動物
病原体 狂犬病ウィルス
感染経路 唾液中のウィルスが傷口から侵入し、神経・リンパ線・中枢神経へ感染
主な症状 前期 : 落ち着かない、暗所へ隠れる
中期 : 噛み付く、よだれ、充血、嚥下不能
末期 : 全身麻痺、衰弱死
ワクチンの種類 不活化ワクチン

ペットフードについて
自然食ペットフードとは
ナチュラルチョイスについて
フードの与え方 /保存方法
通販商品について
通販商品 
ペットホテル
サービス
ご宿泊の価格
 / 施設案内
ご予約
子犬情報
コーギー出産情報
柴犬出産情報

などなど
愛犬の管理
日常の管理
年齢別の管理

季節別の管理
トレーニング
しつけ・訓練について
基本的なしつけ方法
家庭犬の服従訓練
その他のページ
アニマルセラピーについて
犬声人語
/ 愛犬のための知恵袋
パパの部屋 /コーギーしっぽの話し

愛犬の健康維持
犬の病気
犬の病気
ウィルスによる感染症
正しいワクチネーション
フィラリア症と予防法
トップページへ
予防第一!
早期発見、早期治療
日常のケアが大切です。
Copyright (c) 2005 TINKER BELL. All rights reserved