ペットフードの保存方法
SUPER PREMIUM PET FOOD
「ペットフードも食品です!」
 ドックフードは腐らない?そんなはずはありません。ドックフードも食品である以上、酸化し腐敗していきます。あなたは、ドックフードを選ぶとき食品という観点から原材料賞味期限などをチェックして検討していますか。また、酸化していくと言うことを前提に保存方法を考えてあげてますか。
以前こんなことがありました。ある飼い主さんから愛犬の食欲がないと相談を受けました。行ってみるとフードの袋の口が一ヶ月も開いたまま、フードは酸化していました。当然、新しいフードに替えてもらうと今までの食欲不振が嘘のようにガツガツと食べてくれました。せっかくの自然食フードもだいなしです。ペットフードも人間の食べ物と同じ食品であることを認識していただきたいと思います。
 ここでは、チョットした工夫でフードを新鮮なまま保存する方法を紹介します。
フード保存の「悪い例」
 ドライフードと言っても 若干の水分(10%以下)も含まれていますし、酸化を起こしやすい脂肪分もあります。写真のように袋を開けたままでは酸化を早め、しまいにはカビまで出てしまいます。このような保存方法では自然食フードを与える意味がなくなってしまいます。
 ポリバケツに入れて保存する方もおりますが、この方法も安心できません。なぜなら、使用していく間にフードが減った分、空気が入ってしまいます。虫除けにはなりますが、やはりフードは酸化してしまうでしょう。
フード保存の「良い例
 空気が入らないように、袋の口の上から空気を絞り出すように丸めていきます。袋の口がゆるまないように上におもりになるものをのせます。開封後、一ヶ月以内で食べきれるのであればこの方法で十分フードの酸化を防ぐことが出来ます。さらに、ひと工夫としてニンニクのかけらを一つ入れておくと防虫効果があります。この場合ニンニクを愛犬に与えてしまわないようにネットに入れることをお薦めします。
 一月で食べきれないサイズを購入してしまった場合、別の方法をお薦めします。ジッパー付のフリザーパックを利用し、1〜2sサイズに小分けにします。冬であれば暖房のない場所、夏であれば冷蔵庫に入れるのが理想です。

ペットフードについて
自然食ペットフードとは
ナチュラルチョイスについて
フードの与え方 /保存方法
通販商品について
通販商品
ペットホテル
ご宿泊の価格と条件
施設案内
ご予約
子犬情報
コーギー出産情報
柴犬出産情報

などなど
愛犬の管理
日常の管理
年齢別の管理

季節別の管理
トレーニング
しつけ・訓練について
基本的なしつけ方法
家庭犬の服従訓練
その他のページ
アニマルセラピーについて
犬声人語
/ 愛犬のための知恵袋
パパの部屋 /コーギーしっぽの話し
スーパープレミアム
ペットフード
(自然食)
自然食ペットフードとは
ニュートロ
ナチュラルチョイスとは
通販商品
●ユーザー登録して注文する
通販商品
●今すぐ注文する
フードの与え方
保存方法
自然流シャンプーについて
トップページへ
ティンカーベルは
ニュートロナチュラルチョイスを
おすすめします。


Click here!
並行輸入(直輸入)商品の違い
 
Copyright (c) 2005 TINKER BELL. All rights reserved