夏の管理
SUMMER
 梅雨を含め、日本のじめじめした夏は犬にとって最悪の季節。どのようにすれば愛犬の体力が衰えないように過ごすことが出来るのか、十分に気を付けて管理しなければならない季節です。特に近年の夏は私達人間にとっても過ごしにくい猛暑が続いています。、愛犬と一緒に日本の過酷な夏を乗り切りましょう。
食事
 クーラーのきいた室内にいる犬たちは別として、多くの犬たちは暑くなれば食欲は減退していきます。食べないからと毎日メニューを変えたり、愛犬の好物だけを与えたのでは、栄養のバランスもとれず、かえって夏ばてしやすくなったり、ドライフードは食べないなんて言うわがまま犬をつくってしまいます。夏の間はバランスのとれた消化の良いものを与えるようにしましょう。量を食べないのであれば少量でもカロリーがとれるようにパピーフードに切り替えたり、犬用ミルクや卵黄、ささみをボイルしたものをドライフードに混ぜて上げるのも効果的です。
 食べ物が腐りやすい季節です。フードはいつもより小さいサイズを購入し、開封後は早めに与えきるように工夫しましょう。食べ残しはすぐに片づけるように心掛け、放置することのないように 注意しなければなりません。腐敗したものを食べ愛犬が食中毒を起こしては大変です。ゴミ箱に捨てたフードを食べてしまうことがないように注意します。その他、食器はその都度洗って清潔なものを使用し、飲み水は新鮮なものをいつでも飲めるように。
運動
 日中のお散歩は厳禁です。炎天下の路面はアスファルトが柔らかくなるくらい熱くなっています。人間も素足では歩けませんよね。この照り返しの熱も路面に近い犬の方が熱く感じるはずです。特にブルドックやボクサー、パグなどの鼻ぺちゃ犬は熱射病になりやすく他の犬種よりも注意が必要です。お散歩は早朝か夜涼しくなってから行うようにして、熱帯夜のような暑さの残る場合は、無理に散歩に行くよりは、静かに休ませて上げた方がよいと思います。小型犬は室内の自由運動で間に合うのですが、大型犬は運動不足になりがち、休日には水辺の自然へ連れ出して水浴びをしながらの運動をお薦めします。レトリバー系の犬だけでなく、みんな楽しいはずですよ。
お手入れ
 春の内に冬のアンダーコートが抜けきっていれば良いのですが、抜けが悪く暑くなっても完全射抜けていない犬もいます。熱射病の原因にもなりますので、早急に手入れをして上げましょう。
 高温多湿の夏は細菌や外部寄生虫が最も繁殖しやすい環境になっているので、毎日のブラッシングの時にチェックして上げることと、垂れ耳の犬種は耳の中が蒸れて外耳炎にならないように、何時も清潔に保つよう心掛けましょう。
その他のケア
 夏の注意点としては、なんと行っても暑さ対策でしょう。室内犬はクーラーがあれればよいのですが、クーラーの風が直接当たる場所や冷やしすぎはかえって体調を崩しかねませんので注意が必要です。屋外の犬は出来るだけ日の当たらない、風通しの良い場所に移動して上げましょう。1日中日光を避けられない場合は、日よけのシートや、よしずなどを使用します。特に暑い日は、犬舎の周りに水をまいたり、犬の顔を濡れたタオルで拭いて上げるなど、放射冷却を利用すると効果的です。水の好きな犬種であれば子供用のプールを利用して遊ばせるのも良いでしょう。その他、飲み水に氷を入れて上げたり、冷やしたタオルを身体にかけるなど、出来るだけ涼しく過ごせるよう飼い主が創意工夫しなければなりません。
 蚊の最も発生する季節です。フィラリア症の予防は忘れずに、薬はしっかり投与すること。

ペットフードについて
自然食ペットフードとは
ナチュラルチョイスについて
フードの与え方 /保存方法
通販商品について
通販商品
ペットホテル
サービス
ご宿泊の価格
 / 施設案内
ご予約
子犬情報
コーギー出産情報
柴犬出産情報

などなど
愛犬の管理
日常の管理
年齢別の管理

季節別の管理
トレーニング
しつけ・訓練について
基本的なしつけ方法
家庭犬の服従訓練
その他のページ
アニマルセラピーについて
犬声人語
/ 愛犬のための知恵袋
パパの部屋 /コーギーしっぽの話し
愛犬の健康維持
日常の管理
日常の管理
年齢別の管理
子犬の管理
成犬の管理
老犬の管理
季節の管理
春の管理
夏の管理
秋の管理
冬の管理
トップページへ
Copyright (c) 2005 TINKER BELL. All rights reserved