「伏せ」を教える
TRANING
 
 伏せは待機の姿勢、服従の姿勢でもあります。
 伏せは座れと同じく、次の指示を待つ待機の姿勢ですから初めは長く待たせないようにし、次の動作をくわえます。また、姿勢を低くすることは服従を意味し、飼い主への服従心を強めます。
リードを利用する
1.座った姿勢から伏せと命じ短く持ったリードを地面にひきます。
2.前足で突っ張る場合は、前足を手で引きながら伏せの姿勢をとらせます。
3.伏せの姿勢がとれたらそのままの姿勢でほめて上げましょう。
おやつを利用する
パターン1
1.座れの姿勢をとらせおやつに集中させます。
2.おやつを犬の顔の前から地面にゆっくりと下げ「伏せ」と命じます。
3.犬がおやつにつられ伏せの姿勢をとったらそのままの姿勢でほめて上げましょう。
パターン2(上記の方法でうまくいかない場合)
1.座れの姿勢をとらせおやつに集中させます。
2.指示者がしゃがみ左足を犬の前にのばします。
3.犬が指示者の伸ばした足をくぐるようにおやつを利用し「伏せ」と命じながら誘因します。
4.犬がおやつにつられ伏せの姿勢をとったらそのままの姿勢でほめて上げましょう。

ペットフードについて
自然食ペットフードとは
ナチュラルチョイスについて
フードの与え方 /保存方法
通販商品について
通販商品 
ペットホテル
サービス
ご宿泊の価格
 / 施設案内
ご予約
子犬情報
コーギー出産情報
柴犬出産情報

などなど
愛犬の管理
日常の管理
年齢別の管理

季節別の管理
トレーニング
しつけ・訓練について
基本的なしつけ方法
家庭犬の服従訓練
その他のページ
アニマルセラピーについて
犬声人語
/ 愛犬のための知恵袋
パパの部屋 /コーギーしっぽの話し
しつけ・訓練
TRANING
しつけ・訓練について
基本的なしつけ
飼い主がアルファーになること
トレーニングのポイント
ほめ方・しかり方
庭犬のための服従訓練
座れ」を教える
「お手」を教える
「伏せ」を教える
「待て」を教える
来い」を教える
トップページへ
Copyright (c) 2005 TINKER BELL. All rights reserved