ほめ方・しかり方
TRANING
 
良いこと悪いこと
 しつけの基本となる「ヨシ」「イケナイ」だけは、はっきりと犬に教えておく必要があります。これは人が犬を従えるうえで最も必要なことであり、「ヨシ」は無条件にあらゆる拘束から解放することを意味します。また「イケナイ」は絶対的な否定であります。これらは、それは「よい」「悪い」の判断を付けさせ、犬を服従させるにあたって一番効果的な賞罰となるのです。 
特に子犬には体罰を控える
子犬は社会性に住を学ぶと共に、飼い主を信頼することも学びます。これはしつける側にとってもありがたいことです。この時期、子犬は決して故意にいたずら的な遊びをすることはありません。それに似た行為をしても、それをいたずらと決めつけるのは人間から見たことで、子犬にとってはいたずらを悪い行為と考えているわけではないのです。行為の善し悪しは、しつけられる以前の子犬にとってわかることではありません。ですから、その行為に対してすぐ体罰をもって対処されると、何がなんだかわからずに、ただ精神的混乱を引き起こすします。いわば訳もわからずにたたかれるわけで、これは人間への不信感を増すばかりです。しつけの最初は、体罰で立ち向かうのではなく、理解できないまでも、まず言葉によって教え込みます。子犬はその雰囲気で物事の善悪をかぎ取っていくのでしょう。叱責も必要となりますが、その場合も怒鳴り散らすほどであれば体罰同様、子犬の心を萎縮させてしまいますから注意してください。

成犬のしつけは

性格的に固まった犬では、今までその犬の身に付いた習慣を直そうとするのは大変困難な事です。しつけ直すということは、今までの習慣を改めさせることですから苦労がいります。不変的な態度で長い時間をかけ、ごく自然に変わってゆくように仕向けることが大切です。そして、悪い癖を矯正しようとするならば、その原因、誘因となったものを出来るだけ探り出し、そこから直してゆくようにすべきでしょう。

叱るより、ほめることが大切
 初期の教え方としては、ほめることが大切です。それは子犬にとってよい行為だと理解できるからです。ですから反対にほめないことが、子犬に対する効果的な罰になるのです。

POINT
・叱るときは厳しい口調で、ほめるときは優しく。
・犬の性格に合わせて、しかり方に強弱を付ける。
・ほめられたことが理解しやすいようにオーバーにほめる。
・命令に従った瞬間にご褒美のおやつを与えほめる。

ペットフードについて
自然食ペットフードとは
ナチュラルチョイスについて
フードの与え方 /保存方法
通販商品について
通販商品 
ペットホテル
サービス
ご宿泊の価格
 / 施設案内
ご予約
子犬情報
コーギー出産情報
柴犬出産情報

などなど
愛犬の管理
日常の管理
年齢別の管理

季節別の管理
トレーニング
しつけ・訓練について
基本的なしつけ方法
家庭犬の服従訓練
その他のページ
アニマルセラピーについて
犬声人語
/ 愛犬のための知恵袋
パパの部屋 /コーギーしっぽの話し
しつけ・訓練
TRANING
しつけ・訓練について
基本的なしつけ
飼い主がアルファーになること
トレーニングのポイント
ほめ方・しかり方
庭犬のための服従訓練
座れ」を教える
「お手」を教える
「伏せ」を教える
「待て」を教える
来い」を教える
トップページへ
Copyright (c) 2005 TINKER BELL. All rights reserved