「来い」を教える
TRANING
 
呼ばれると楽しいことが待っている
 飼い主に呼ばれたらすぐに飛んでくるように訓練しましょう。犬を掌握出来なければ指示を出すこともできません。小さいうちからの訓育が大切です。 
1.座れの姿勢をとらせ犬と対面します。

2.「待て」と指示を出し対面したまま犬から少しだけはなれます。

3.「来い」と指示を出して犬を呼びます。来ようとしないときは、ひもを引いて呼びます。

4.飛んできたら少しオーバーにほめて上げましょう。ご褒美におやつを利用すると効果的。

5.同じ要領で少しずつリードをのばし距離をとっていき、「来い」の指示で確実に来るように教えましょう。

6.なれてきたら脚側に座るように教えていきます。写真下のようにリードを短めに持って犬を誘導します。

7.脚側にうまく座れたらほめて上げましょう。

POINT
・追いかけて捕まえたりしないこと。
・確実に出来るようになるまでリードを使用し失敗をさせないように。
・ふだんの生活で、犬を呼んで叱るようなことはしない。
画像をクリックすると大きい画像でご覧になれます。
大きい画像からはブラウザ画面の「戻る」でこのページに戻れます

ペットフードについて
自然食ペットフードとは
ナチュラルチョイスについて
フードの与え方 /保存方法
通販商品について
通販商品 
ペットホテル
サービス
ご宿泊の価格
 / 施設案内
ご予約
子犬情報
コーギー出産情報
柴犬出産情報

などなど
愛犬の管理
日常の管理
年齢別の管理

季節別の管理
トレーニング
しつけ・訓練について
基本的なしつけ方法
家庭犬の服従訓練
その他のページ
アニマルセラピーについて
犬声人語
/ 愛犬のための知恵袋
パパの部屋 /コーギーしっぽの話し
しつけ・訓練
TRANING
しつけ・訓練について
基本的なしつけ
飼い主がアルファーになること
トレーニングのポイント
ほめ方・しかり方
庭犬のための服従訓練
座れ」を教える
「お手」を教える
「伏せ」を教える
「待て」を教える
来い」を教える
トップページへ
Copyright (c) 2005 TINKER BELL. All rights reserved