「座れ」を教える
TRANING
 
「座れ」は、しつけ、訓練の基本です。
 家を出るとき、食事の前に座らせて、犬を制止させます。訓練用語では「停座」、号令は「すわれ」や「おすわり」です。最初はリードを付けたまま教えましょう。犬を集中させるためにおもちゃやボールを使いますが、ここではおやつを利用した教え方を説明します。
1. おやつを使い犬を集中させてアイコンタクトをとります。
2. おやつを犬の鼻先にもっていき、少しずつおでこのほうに動かしていきます。
3. 犬が、おやつに集中していれば自然に頭が上がり、お尻が下がりますが、はじめは手で犬のお尻を下げて、リードを上げてと良いでしょう。このとき同時に「すわれ」と号令をかけます。
4. お尻が下がった瞬間にご褒美のおやつを与えほめて上げます。
5. 「よし」と言って号令を解いてあげ、歩きながらまたほめて上げましょう。座った姿勢は次の号令を待つ姿勢です。優しく声をかけて無理のないように教えますしょう。
おやつを使い上部に注目させるとお尻が下がります。
リードを引き上げ頭を上げるとお尻が下がります。
POINT
・「すわれ、すわれ」を連発しないこと。
・叱ったり、体罰は逆効果。あくまでほめて教えること。

ペットフードについて
自然食ペットフードとは
ナチュラルチョイスについて
フードの与え方 /保存方法
通販商品について
通販商品 
ペットホテル
サービス
ご宿泊の価格
 / 施設案内
ご予約
子犬情報
コーギー出産情報
柴犬出産情報

などなど
愛犬の管理
日常の管理
年齢別の管理

季節別の管理
トレーニング
しつけ・訓練について
基本的なしつけ方法
家庭犬の服従訓練
その他のページ
アニマルセラピーについて
犬声人語
/ 愛犬のための知恵袋
パパの部屋 /コーギーしっぽの話し
しつけ・訓練
TRANING
しつけ・訓練について
基本的なしつけ
飼い主がアルファーになること
トレーニングのポイント
ほめ方・しかり方
庭犬のための服従訓練
座れ」を教える
「お手」を教える
「伏せ」を教える
「待て」を教える
来い」を教える
トップページへ
Copyright (c) 2005 TINKER BELL. All rights reserved