しつけ・訓練について
TRANING
 
 良く訓練された犬は頼もしいコンパニオンアニマルになるが、
そうでない犬は悩みの種になってしまいます。
本来しつけや訓練はオーナーが行うもの!
 Lets try!
しつけ・訓練について
 しつけとは私達人間と犬とが共同生活していく上で、最低限守らなければならないルールを犬たちへ教えることで、全ての飼い犬に必要なことだと考えます。しつけは訓育と言われ、将来訓練をするための基礎となるのです。しつけを怠ると訓練が困難になるばかりでなく、わがままな問題犬となり、人間に危害を加えるようになれば愛犬を手放す結果になってしまいます。またしつけは、私達が家庭で子供を育てるのに、年齢に応じてしつけをすることと、根本的な精神は同じことなのです。子育ての経験のあるお母さんであれば、犬のしつけの本を見て人間の育児書と一致することの多さにおどろくでしょう。
 訓練はしつけの延長線にあるといえますが、警察犬、盲導犬、牧羊犬等と目的に応じて行うもので、その訓練方法もそれぞれです。ここでは家庭犬のための訓練方法についてまとめました。
基本的なしつけ
 愛犬が家に来た日からしつけの始まりです。しつけを教え込むのに最適なのは子犬の時期です。大きく成長すればするほどしつけにくくなってしまいます。生後30〜50日たった子犬は探求心も生まれ、自分を取り巻く社会を知り始め、飼い主の声にたいして反応し、その他の人間を区別することもわかってきています。
 愛犬が家に来た日からしつけの始まりです。しつけを教え込むのに最適なのは子犬の時期です。大きく成長すればするほどしつけにくくなってしまいます。生後30〜50日たった子犬は探求心も生まれ、自分を取り巻く社会を知り始め、飼い主の声にたいして反応し、その他の人間を区別することもわかってきています。
飼い主がアルファーになること
トレーニングのポイント
ほめ方・しかり方
家庭犬のための服従訓練
 服従訓練は、いくつの芸が出来る等と競うものではありません。いくつかの科目を修得することで服従心を身に付かせ、日常生活の中で飼い主が愛犬をある程度掌握し、他人に迷惑をかけることなく人と犬とが楽しく共同生活を送れることを目的としています。

「座れ」を教える

「お手」を教える

「伏せ」を教える

「待て」を教える

「来い」を教える

ペットフードについて
自然食ペットフードとは
ナチュラルチョイスについて
フードの与え方 /保存方法
通販商品について
通販商品 
ペットホテル
サービス
ご宿泊の価格
 / 施設案内
ご予約
子犬情報
コーギー出産情報
柴犬出産情報

などなど
愛犬の管理
日常の管理
年齢別の管理

季節別の管理
トレーニング
しつけ・訓練について
基本的なしつけ方法
家庭犬の服従訓練
その他のページ
アニマルセラピーについて
犬声人語
/ 愛犬のための知恵袋
パパの部屋 /コーギーしっぽの話し
しつけ・訓練
TRANING
しつけ・訓練について
基本的なしつけ
飼い主がアルファーになること
トレーニングのポイント
ほめ方・しかり方
庭犬のための服従訓練
座れ」を教える
「お手」を教える
「伏せ」を教える
「待て」を教える
来い」を教える
トップページへ
Copyright (c) 2005 TINKER BELL. All rights reserved